株取引用語

運行管理者|勉強方法

運行管理者試験合格のための勉強方法その1(過去問から始めよう)

★運行管理者試験いま売れている参考書ランキング★

 

運行管理者試験に限ったことではありません。
まず国家資格というものは「過去問」をベースに勉強します。

 

「過去問」は文字通り過去に出題された「本試験問題」。
これをマスターせずして合格は見えてきません。

 

ですから、
これから勉強しようと思っている人へは・・
「過去問集」から始めましょう!とアドバイスします。

 

 

え?普通は教科書・テキストからじゃないの?
という声が聞こえてきます(笑)
そうですね。普通はテキストから入りますよね。

 

でも考えてみて下さい。
これから勉強するという何も分からない状態で
文字がビッシリ詰まった、堅苦しい教科書を読み始める。

 

10分で眠くなりませんか?
私なら眠くなる自信ありますよ(笑)

 

で、3分の1進んだあたりで、部屋の隅っこに「埋もれる街角」です。

 

なんでか?「つまらない」からですよ。
楽しくないんです。それでは続きませんね。

 

 

だから・・「過去問」からなんですよ。
良くも悪くも「クイズ感覚」じゃないですか。

 

分からないけど「答えはコレかな?」って答えてみる。
正解を確認して、「あ〜〜違った〜〜」って。
まぐれで正解して「お?当たってんじゃん」なんてね。

 

間違いなくこっちの方が「楽しい」はずです。

 

勉強の「とっかかり」としては、
解らないまでも過去問を一通りクイズ感覚で進めてみる。
これが早い段階での挫折を回避する方法です。

 

勉強することに慣れてきてから、
過去問とテキストの併用をしていくのです。

 

 

 

 

運行管理者試験問題と解説(平成28年3月受験版 貨物編)

楽天はコチラ

 

 

amazonはコチラ

 

 

 

 

★運行管理者試験いま売れている参考書ランキング★

 

運行管理者|勉強方法1関連エントリー

運行管理者試験 セミナー動画
運行管理者試験のセミナー動画を集めました
運行管理者|勉強方法2
運行管理者試験の勉強方法・テクニックを紹介します
運行管理者資格試験の合格率が低くなった理由
運行管理者資格試験の合格率が低くなった理由

運行管理者|勉強方法 運行管理者|テキスト 運行管理者|情報教材 運行管理者|通信教育